2010年05月01日

郵政改革法案 閣議決定、3社体制に再編(毎日新聞)

 政府は30日、今国会に提出する郵政改革法案を閣議決定した。日本郵政グループに郵便・貯金・保険の3事業の全国一律サービスを義務付けて、現在の5社体制を3社体制に再編することが柱。施行日は11年10月1日。小泉純一郎元首相が推進した民営化路線を大きく転換し、日本郵政の公的性格を強める。

 法案によると、日本郵政グループは、現在の持ち株会社に郵便局会社と郵便事業会社を統合。これを親会社として、傘下にゆうちょ銀行とかんぽ生命の金融2社を置く。出資比率は、政府から親会社、親会社から金融2社に対し、いずれも3分の1超。株式の売却時期は明記せず、会社の判断に任せる。

 金融2社の新規事業は、政府の認可制から届け出制に変更。首相や総務相が諮問した場合のみ、第三者委員会の「郵政改革推進委員会」が事業内容を審査し、経営の自由度を高める。

 政府は法案成立後に政令を改正し、ゆうちょ銀行の預け入れ限度額を現行の1000万円から2000万円、かんぽ生命の加入限度額を1300万円から2500万円に大幅に引き上げ、収益力の強化を図る。

 亀井静香金融・郵政担当相は30日の閣議後会見で「地域経済、日本経済、世界経済に貢献していける日本郵政を目指す」と述べ、早期の法案成立が必要と強調した。【中井正裕】

【関連ニュース】
郵政改革:法案骨子発表 ゆうちょ銀行などの業務拡大容認
郵政改革:課題山積、見切り発車 法案の骨子発表
郵政改革:政府出資2分の1以下なら、第三者委を廃止
ゆうちょ銀・かんぽ:新規事業の参入規制緩和で最終調整
後半国会:国会改革…道路…郵政、重要法案足踏み

橋下“維新”府議はやジレンマ 自民が公認候補…党籍除名も(産経新聞)
<参院選>目標は1000万票集め比例で10議席 舛添代表(毎日新聞)
無所属で活動、辞職して再出発…起訴の元秘書(読売新聞)
<前原国交相>法案成立しなければ「高速1000円」継続も(毎日新聞)
54歳女性 路上で血を流して重体 詳しく捜査 横浜(毎日新聞)
posted by マスコ マサシ at 01:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

人 妻3人相手にしてきたけど、マジやっべぇな!!!!
フェラチオ×アナル×ディープキスの三点攻めで、オレ喘ぎまくりだっつの!!
しかも3人合わせて18万も貰えたぜぇぇぇ!!(゚∀゚)
http://lip.daizon.net/oi7slkt/
Posted by 飢えた主婦は野獣だな! at 2010年05月15日 15:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。